• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷対面も緊張なし 日ハム清宮は自主トレも超マイペース

 日本ハムの新人合同自主トレ2日目(10日)。ドラフト1位の清宮幸太郎(18=早実)が二軍寮内でエンゼルスの大谷翔平(23)と初めて挨拶したことを明かした。

 前夜、同級生のドラフト4位・難波侑平(創志学園)が自室を訪ねてきた。ドア越しに話をしていたら、隣室の大谷がやってきて、「短い時間だけどよろしく」と声をかけられたという。清宮は驚きつつ、「よろしくお願いします」と頭を下げた。

 この日はグラウンドでの練習中に、大谷も練習を始めた。スター選手がそばにいれば、緊張したり、浮ついたりしてもおかしくないが、清宮は「不思議な感じです」としながら、「大谷さんに限らず、みんながどういうことをしているのかなという感じだった」と気にするそぶりは見せなかった。

 前日は全体練習後に急きょ、前出の難波を誘い、整備したてのグラウンドでロングティーをした。この日は、スタッフの手を借りてロングティーを行うと、室内練習場で日が暮れるまで打ち込んだ。入寮から3日連続で自主練に取り組んでいる。球団関係者が「緊張感ある中での練習だと思うが、疲れは大丈夫か?」と気遣ったそうだが、清宮は「大丈夫です」とキッパリ言い切ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る