日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム清宮に焦りか 自主トレ初日から9時間練習の異例

「いつもこれくらい打っていますから」

 9日に二軍施設(鎌ケ谷)でスタートした日本ハムの新人合同自主トレ。ドラフト1位の清宮幸太郎(18=早実)は、いきなり初日から昼食を挟んで9時間、精力的に汗を流し、最後にサラリとこう言った。

 全体練習は前日の降雨もあり、室内で行われた。栗山監督ら一、二軍の首脳陣が見守る中、ランニングやキャッチボール、ティー打撃、ゴロ捕。昼食後にはトレーニングについての座学を受けたが、清宮の一日はまだ終わらなかった。

 その後、同じ高卒出身のドラフト4位・難波侑平(18=創志学園)をSNSのラインで自主練に誘い、全体練習では使えなかったグラウンドへ移動。高校時代から好んで練習していたロングティーでは89スイング中6本の柵越えを放つと、今度は室内練習場に移動。夕食開始時間の18時前まで、みっちりバットを振り込んだ。新人選手の初日としては異例の長時間練習である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事