• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
岡島秀樹
著者のコラム一覧
岡島秀樹元プロ野球選手

1975年12月25日生まれ。京都市出身。東山高から93年のドラフト3位で巨人入団。2006年にトレードで日本ハムに移籍し、同年11月にレッドソックスと契約。移籍1年目はセットアッパーとしてチームの世界一に貢献した。12年にソフトバンクで日本球界に復帰してからは日米3球団を渡り歩いた。メジャー通算266試合に登板し、17勝8敗、6セーブ、防御率3.09。

マウンド上で意識もうろう…西から東への移動は四苦八苦

 メジャーでは移動も大変でした。

 6カ月間で162試合をこなすため、遠征先に到着して休む間もなく、試合開始というケースも少なくありません。

 僕が特に苦労したのは西海岸から東海岸への移動です。ロサンゼルスからボストン、ニューヨークなどへは、3時間の時差とフライトの5~6時間で、実質的な所要時間は8時間を超えます。飛行機を降りた瞬間は頭がクラクラしたことも。東は西よりも時計が3時間進んでいるので、体内時計も狂って、体調を崩したりもしました。移動に関していえば、東西どちらにも3時間程度のフライトで済む中地区の球団をうらやましいとも思いました。

 移動の疲れが取れず、頭がぼうっとした状態で登板、捕手のサインをまともに見られない時もありました。意識がもうろうとしている中での投球は不可能なので「打たれてもいいや」と開き直るしかありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事