日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カヌー男子の鈴木康大 ライバルの飲み物に禁止薬物混入

 昨年9月、石川県小松市で開催されたカヌー・スプリントの日本選手権で、男子選手がライバルに一服盛ってドーピング違反に陥れていたことが分かった。

 カヤックシングル(1人乗り)に出場した小松正治選手(25)は、鈴木康大選手(32)から飲料水用ボトルに禁止薬物である筋肉増強剤を入れられ、それを飲んだためにレース後のドーピング検査で陽性になった。2人は2020年東京五輪の日本代表入りを目指すトップ級選手。

 鈴木選手は、日本カヌー連盟や日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の調べに対し、東京五輪出場が危うくなったと感じ、小松選手を陥れようとしたと告白。昨年12月までにJADAの調査で全容が判明した。近く8年の資格停止処分が連盟から発表される。

 世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の規定では、ドーピング検査で陽性反応が出ても、本人に過誤や過失がない場合は資格停止が取り消される。しかし陽性反応が出たレースの記録は抹消される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事