日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

身内も激怒 貴乃花親方が“功労者”親方に廃業迫った裏事情

 リスク管理の表れか、それとも……。

 6日付の「スポーツ報知」によると、貴乃花親方(45)はさる4日、自身の部屋付きである音羽山親方(44=元前頭光法)に「廃業するように」と迫ったという。

 ことのきっかけは、貴乃花一門の阿武松部屋に所属する小野川親方(元前頭大道)が、小野川株の所有者から「返却してくれ」と要請があったこと。小野川親方にとって、現在の名跡は借株。返却しても新たな株を取得できない場合は、廃業になってしまう。そこで一門の総帥である貴乃花親方を頼ったのだろう。

 頼られた貴乃花親方が、白羽の矢を立てたのが音羽山株だ。現在は貴乃花親方、あるいは2015年に急死した先代音羽山である貴ノ浪の遺族が持っているという。いずれにせよ、スポーツ報知が報じたように、音羽山株は貴乃花親方にとって「自身が権利を動かせる」名跡。音羽山親方から株を取り上げて廃業危機の小野川親方に与え、救済しようというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事