• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

泥酔して数回キス…式守伊之助が10代行司にセクハラ行為

 角界にまた激震だ。立行司の第40代式守伊之助(58=本名野内五雄、宮城野部屋)が、昨年12月の冬巡業中に泥酔し、10代の行司にキスをするなどのセクハラ行為をしたというのだ。日本相撲協会が5日に発表した。

 伊之助は既に謝罪しており、10代の行司も処罰を求める意向や、警察に被害届を出す考えはないとしている。ただし協会は、行司全体を指導、管理する立行司の非違行為であることから、近日中に臨時理事会を開いて懲戒処分を検討する。

 問題は5日夕、セクハラ行為の概略を知った幕内行司が報告して発覚。危機管理委員会の調査により、事実だと確認した。

 協会によると、沖縄県宜野湾市で興行があった昨年12月16日の夜、泥酔した伊之助は宿舎の部屋まで送ってもらった10代の行司に数回キスし、胸部を1回触った。伊之助は「泥酔していたので覚えていない」「自分は男色の趣味はないので、なぜこのような行為をしたのか分からない」と話したが、自らの行為は否定しなかったという。

 元横綱・日馬富士の暴行事件に続く、立行司の不祥事。行司最高位の木村庄之助が不在なだけに、伊之助は実質トップだ。八角理事長は、「指導する立場の立行司として本当に情けない」と怒りをあらわにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る