野球やサッカーと歴然の差 箱根駅伝ランナーの稼ぎと現実

公開日:

 寿命は短い。

 青学大の4連覇で幕を閉じた今年の箱根駅伝。原監督は「ライバルは他大学ではなく、野球やサッカー」と言った。今回の往復路の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ・関東地区)は29.5%で歴代2位。往路の29.4%は過去最高だったが、箱根のスターたちも卒業後はパッとせず、こと収入に関しては「野球やサッカー」の一流には足元にも及ばない。

 例えば、昨年のプロ野球で1億円以上の年俸は約70人(外国選手を除く)もいた。最高はオリックスの金子千尋(34)で5億円。メジャーに目を向ければヤンキースの田中将大(29)は日本円にして約24億円以上。ダルビッシュ(31)も今オフ、1年30億円以上の複数年契約が濃厚だ。サッカーの本田圭佑(31)だってACミランと契約した時の年俸は8億円弱だった。

■実業団での年俸は300万から600万円

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る