日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロシア勢より手強い 平昌フィギュア宮原&坂本“本当の敵”

 平昌五輪の代表選考会を兼ねたフィギュアスケートの全米選手権(カリフォルニア州・サンノゼ)が3日(日本時間4日)に開幕。女子ショートプログラム(SP)ではブラディー・テネル(19)が73.79点をマークしてトップに立った。終始、安定した演技を披露し、ジャンプのミスが響いて得点を伸ばせなかったアシュリー・ワグナー(26)、長洲未来(24)らのベテランを抑えて首位発進である。

 シニア転向3年目で、今季初参戦したGPシリーズではスケートアメリカで3位。全米選手権は15年が6位、16年が9位だった。今回の73.79点は自己ベストで、これは全日本選手権での坂本花織(17=73.59点)、宮原知子(19=73.23点)の日本代表2人を上回る高得点。これまで主要な国際大会で実績のない無名の19歳が、5日(同6日)のフリー次第では米国代表(3枠)入りする可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事