• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロシア勢より手強い 平昌フィギュア宮原&坂本“本当の敵”

 平昌五輪の代表選考会を兼ねたフィギュアスケートの全米選手権(カリフォルニア州・サンノゼ)が3日(日本時間4日)に開幕。女子ショートプログラム(SP)ではブラディー・テネル(19)が73.79点をマークしてトップに立った。終始、安定した演技を披露し、ジャンプのミスが響いて得点を伸ばせなかったアシュリー・ワグナー(26)、長洲未来(24)らのベテランを抑えて首位発進である。

 シニア転向3年目で、今季初参戦したGPシリーズではスケートアメリカで3位。全米選手権は15年が6位、16年が9位だった。今回の73.79点は自己ベストで、これは全日本選手権での坂本花織(17=73.59点)、宮原知子(19=73.23点)の日本代表2人を上回る高得点。これまで主要な国際大会で実績のない無名の19歳が、5日(同6日)のフリー次第では米国代表(3枠)入りする可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る