ロシア勢より手強い 平昌フィギュア宮原&坂本“本当の敵”

公開日:

 平昌五輪の代表選考会を兼ねたフィギュアスケートの全米選手権(カリフォルニア州・サンノゼ)が3日(日本時間4日)に開幕。女子ショートプログラム(SP)ではブラディー・テネル(19)が73.79点をマークしてトップに立った。終始、安定した演技を披露し、ジャンプのミスが響いて得点を伸ばせなかったアシュリー・ワグナー(26)、長洲未来(24)らのベテランを抑えて首位発進である。

 シニア転向3年目で、今季初参戦したGPシリーズではスケートアメリカで3位。全米選手権は15年が6位、16年が9位だった。今回の73.79点は自己ベストで、これは全日本選手権での坂本花織(17=73.59点)、宮原知子(19=73.23点)の日本代表2人を上回る高得点。これまで主要な国際大会で実績のない無名の19歳が、5日(同6日)のフリー次第では米国代表(3枠)入りする可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る