• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

専門家解説 箱根で駒大選手を襲った「ぬけぬけ病」の恐怖

「これ、どんな病気?」と思った人もいるだろう。3日開催された第94回箱根駅伝(復路)で駒沢大学のエース・工藤有生(なおき)(4年)が前半途中からフラフラの走りになった。上体が大きく揺れて道路を蛇行。左太ももを手で4回叩いたのが印象的だった。7区を完走してタスキはつなげたが、名門・駒大は12位に終わり、来年のシード権を逃した。

 この工藤の不調ぶりを「ぬけぬけ病」と指摘したのが日大陸上部出身で、箱根駅伝出場経験を持つ俳優の和田正人(38)。ツイッターに〈駒沢大7区工藤選手の異変。20年くらい前から、突如として長距離界に蔓延し始めた、片脚の力が抜ける例のヤツかもしれない〉〈長距離界では「ぬけぬけ病」などと呼ばれている〉と書き込んだため、波紋が広がった。

 “ぬけぬけ病”とはどんな病気なのか。

「かなり前から陸上選手の間に広がっている症状。原因不明です」と解説するのは、「からだドック」(福岡市)代表で理学療法士の西山祐二朗氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事