理事解任は序曲…貴乃花親方vs白鵬の先に“理事長のイス”

公開日:

 4日に開かれた日本相撲協会の臨時評議会で、史上初めて理事解任案が承認された貴乃花親方(45)。この決定によって、貴乃花親方は理事から役員待遇委員へ2階級降格となるが、一連の騒動では貴乃花親方と横綱白鵬(32)の抜き差しならない確執も表面化した。

「貴乃花親方はそもそもかち上げ、張り手とプロレスまがいの取り口で勝ち星を積み上げる白鵬を横綱として評価していない。その白鵬が束ねるモンゴル軍団の強固な結びつきも苦々しく思っていて、弟子の貴ノ岩には彼らと距離を置くよう指導していた。白鵬は白鵬でそんな貴乃花親方が疎ましく、貴ノ岩が被害を受けた暴行事件直後の冬巡業前に『貴乃花巡業部長の下では巡業に参加できない』と訴えるに至りました」(相撲担当記者)

 白鵬は、日馬富士による暴行現場に同席していながら暴力を止められなかったとして、昨年12月20日に相撲協会から「18年1月の給与を全額不支給、2月の給与を50%カット」という処分を受けた。横綱審議委員会からも「美しくない、見たくない」と相撲内容について厳しく批判されるなどお灸をすえられたが、これでやりたい放題の“暴君横綱”が少しは殊勝になるかといえば、「蛙のツラになんとかでしょう」(ある親方)と懐疑的な見方がほとんどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る