• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今年も2位 東洋大・酒井監督が語った青学大との大きな差

 5分の壁は厚い。

 4年ぶり6度目の往路優勝を果たした東洋大は3日の復路6区で青山学院大にあっけなく抜かれ、最終的には約5分の差をつけられ総合2位。青学の4連覇を阻むことはできなかった。

「今回は単純に力負け。(青学に)ジャブじゃなく、ストレートをもらった感じ」

 レース後、報道陣にそう語った酒井俊幸監督(41)に、改めて青学の壁は高いかと直撃すると、「そうですね」と険しい表情でこう続けた。

「やっぱり選手層の差ですね。青学さんは代わり(補欠)の選手が来ても強い。東洋は選手層を構築していかないと勝負できない。向こうは“穴区間”がないんですよ。今回、(青学は)1年生が出てない。今回の林くん(7区)や橋間くん(10区)みたいに、過去に出ていなかった下級生が力をつけて来年走る可能性も高い。試しに1年を使うんじゃなく、すべてが勝負区間。そこが大きな差です。もちろん優勝を狙ったチームづくりはしますが、そう簡単にはいかないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る