世界選手権は銀も…カーリング日本女子に予選敗退の危機

公開日:

 カーリング女子日本代表のLS北見。一昨季(2016年)の世界選手権では、司令塔であるスキップ藤沢五月(26)中心の布陣で日本女子史上初の表彰台(準優勝)に立った。

 平昌ではさらなる飛躍を期待されるものの、メダル獲得は極めて厳しい状況だという。

 そもそも、先の世界選手権で結果を残したのは、ライバルに比べてルール変更への対応が早かったからだ。大会前、世界カーリング連盟は、氷の損傷を軽減するため、ストーンが滑りやすくなるパッドや毛ブラシの付いたスティックを禁止。カナダなどの強豪でさえ、新ルールで認められたスティックではストーンのコントロールがままならず、苦戦するチームが多かった。

 その反省から各国とも用具への対応を急ぎ、今ではスティックさばきで日本をしのぐライバル国は少なくない。確実性とパワーが課題とされる日本女子はラウンドロビン(予選)敗退もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る