• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界選手権は銀も…カーリング日本女子に予選敗退の危機

 カーリング女子日本代表のLS北見。一昨季(2016年)の世界選手権では、司令塔であるスキップ藤沢五月(26)中心の布陣で日本女子史上初の表彰台(準優勝)に立った。

 平昌ではさらなる飛躍を期待されるものの、メダル獲得は極めて厳しい状況だという。

 そもそも、先の世界選手権で結果を残したのは、ライバルに比べてルール変更への対応が早かったからだ。大会前、世界カーリング連盟は、氷の損傷を軽減するため、ストーンが滑りやすくなるパッドや毛ブラシの付いたスティックを禁止。カナダなどの強豪でさえ、新ルールで認められたスティックではストーンのコントロールがままならず、苦戦するチームが多かった。

 その反省から各国とも用具への対応を急ぎ、今ではスティックさばきで日本をしのぐライバル国は少なくない。確実性とパワーが課題とされる日本女子はラウンドロビン(予選)敗退もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る