• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ぶっつけ本番の羽生と初五輪の宇野 平昌“金メダル”の条件

 男子フィギュアのエースに君臨する羽生結弦(23)。前回のソチ大会に続く五輪連覇が期待されている。

 しかし、17年11月に右足関節外側靱帯を損傷。代表の最終選考会だった12月の全日本選手権は欠場した。過去の実績から五輪の代表入りを果たしたものの、氷上の練習もままならないというのが現状だ。

 羽生が右足首のケガに泣いたのは、今回が初めてではない。13年と15年には右足首、16年には左足を痛めながら克服してきた。今回も本調子ではない中での平昌となりそうだが、表彰台の頂点を守れるのか。

 長野、ソルトレークシティーの五輪2大会に出場した本田武史氏が言う。

「4種類の4回転を5度跳ぶというよりは、4回転を3~4度にして確実に加点を取れるプログラムにした方がいいかもしれません。ただ、アスリートですから、すべてを出し切って最高難度の技を成功させて勝ちたいという思いもあるはず。そこのせめぎ合いもあると思います。彼は常にチャレンジャー。オーサーコーチとメダルを取るための最善プランを話し合って決めるでしょうが、他の選手とのバランスも見ながら決断すべきかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る