• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

釜本邦茂氏「C大阪社長に34年前のリベンジをお願いした」

 元日の天皇杯決勝のカードがC大阪と横浜Mに決まった瞬間、34年前の国立競技場の光景が鮮やかに蘇った。1984年1月1日。C大阪の前身であるヤンマーと横浜Mの母体となった日産自動車が天皇杯の決勝を戦った。ヤンマーひと筋でプレーした自分にとって、この試合が現役最後の公式戦だったからである。

 82年5月に右アキレス腱を断裂。83年11月に復帰したが、39歳(年齢はすべて当時)ということもあって、天皇杯の準決勝を勝ち上がったときには「元日で現役を引退する」と決心していた。

 9年ぶり4度目の優勝を狙うヤンマー。天皇杯初制覇に燃える日産は22歳FW柱谷幸一、23歳FW水沼貴史、25歳のMF木村和司とFW金田喜稔を擁し、非常に勢いのあるチームだった。

 劣勢が予想されたヤンマーは、前半を0―0で折り返して後半から釜本を投入! というゲームプランだったが、後半9分に交代出場した後に2点を奪われ、現役最後の公式戦は「敗戦」に終わった。もちろん勝利のために最善を尽くし、勝って終わりたかった。しかし「心残りのままスパイクを脱ぐ」のも「また人生」「敗戦をこれからの人生の糧にしよう」と誓ったことを思い出す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る