• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

評議員を激怒させた 貴乃花親方の変節と裏金顧問との関係

「貴乃花親方(45)は理事会直前になって態度を変えた。やるべきことはやっていると自分の正当性をアピールしたつもりでしょうけど、それならなぜ、これまでやるべきことをやらなかったのか、自ら職務放棄を認めたようなものだと、評議員たちはアキレると同時に激怒しています」

 こう言うのはある親方だ。

 貴乃花親方は理事会前日の19日夜、協会に弟子の貴ノ岩(27)ともども、聴取に応じる姿勢を示したばかりか、これまで親方でひとり拒んでいた誓約書も提出。理事会当日は自分は巡業部長としての務めを果たしている、批判されるいわれはないなどと言い訳する文書まで出席者に配布した。

 協会に刃を向け続ける貴乃花親方に対し、執行部の怒りや不満は募る一方。理事解任どころか部屋の閉鎖を示唆する声もあっただけに、大慌てで弁明、保身を図ったつもりだろうが、そうやって態度を急変させたことが受け入れられるどころか、むしろ評議員たちの逆鱗に触れたというのだ。前出の親方の話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る