日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“居眠り”指摘の声も 貴乃花親方が理事会でさらした醜態

「他人事としか思っていないのか、まるで自覚がないのか……。ちょっとフツーじゃありませんでしたよ」

 ある親方がこう話す。

 20日に行われた相撲協会の臨時理事会。暴行事件の関係者に処分が下るとあって、被害者の貴ノ岩(27)の師匠である貴乃花親方(45)の言動に注目が集まった。

 これまで「何を言われようが弟子を守る」と言い続けてきた。加害者の日馬富士をはじめ、暴行現場に同席していた白鵬、鶴竜への怒りはすさまじいだろうし、沈黙を守ってきた理由や言いたいことを言って当然と、だれもが思った。

 ところが、だ。貴乃花親方は白鵬らの処分や理事の発言を気にするどころか、積極的に発言するわけでもない。あろうことか「居眠り」をしていた疑いもある。

 冒頭の親方が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事