処分持ち越しも 貴乃花親方“角道”の行き着く先は土俵利権

公開日:

 日馬富士暴行事件の貴乃花親方(45)への処分は、20日に国技館で行われた理事会でも決まらなかった。

 巡業部長である貴乃花親方が今回の冬巡業に帯同しなかったのは、事件への対処を優先するためだった。にもかかわらず、執行部からの電話に出ないばかりか、居留守まで使って協会との接触を拒んだ。18日には都内で一門会を開催。一門の士気を高めたといわれるその会合も含め、何かというとクチにするのが「大役」「大義」「角道」「改革」といった言葉だ。

 しかし、これまでの貴乃花親方の言動を振り返ると、それらの単語も薄っぺらなものに聞こえてくる。

「土俵利権ってのはスゴいんですよ」

 貴乃花親方はかつて親しい人に、目をギラギラさせながらこう言ったそうだ。相撲協会の要職に伴う利権がいかにデカいかということを言いたかったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る