斉藤拳汰は氷山の一角 スコア改ざん問題の根底にあるもの

公開日: 更新日:

■ルール違反に見て見ぬふり

 そもそも日本ではゴルフが金儲けの手段として発展してきた。接待に利用され、ルールはおざなりだった。バブル時代にはゴルフ会員権で金儲けができた。

 ゴルフ場はたくさんのビジター客を詰め込んで、進行を早めるためにOBや池ポチャでも前進4打など勝手なローカルルールを作って、ルール啓蒙を怠ってきた。

「ツアーでは尾崎将司のライの改善が常習化していたが、日本ゴルフ協会も日本プロゴルフ協会も見て見ぬふりで厳しく取り締まらなかった。いいスコアを出せば何でも許されるとばかりに、ルール無視で試合が行われていた。ゴルフは一人一人が審判であり、正直にプレーすべきなのに、ルールを知らないゴルファーが多すぎる。ゴルフとは似て非なるものが日本では行われているわけです。そういった意味では日本人にゴルフは向いていない」(前出の宮崎氏)

 斉藤プロのスコア改ざんは氷山の一角であり、まだまだ膿が出てきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    「実録外伝 大阪電撃作戦」陸軍に学んだ山口組の侵略戦争

  10. 10

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

もっと見る