日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

優勝の祝儀で5000万円も タニマチに頼る“ごっつぁん体質”

“改革派”でも部屋の経営はパッとしない/(C)日刊ゲンダイ

 “熱男”に比べると、横綱の給料は安いんじゃないか。ソフトバンクの松田宣浩内野手は今季、3年連続の全試合出場で日本一に貢献。来季は、現状維持の4億円プラス出来高でサインした。一方、横綱の月給は282万円で、年3384万円と上場企業の役員並み。球界やサッカー界より割安かもしれない。…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事