日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤンキース新監督「オオタニを取れなかったのは残念」

 来季からヤンキースの指揮を執るアーロン・ブーン新監督(44)が6日、本拠地ヤンキースタジアムで会見。「ヤンキースは勝てるチャンスがある。このチームをより高いレベルに押し上げたい」と抱負を口にした。

 新指揮官の船出とはいえ、ニューヨークのメディアからはチームが獲得に失敗した大谷に関する質問が集中。

 交渉のテーブルにすら着けなかったことを聞かれたブーン新監督は「キャッシュマン(GM)を呼んで、こう言ったんだ。『あなたのためにオオタニを取ってあげられなくて、とても残念だ。私が監督になってもオオタニの心には響かなかったようだ』」と冗談交じりに話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事