日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブーム再来は? 来季国内フル参戦の石川遼にゴルフ界期待

 捕らぬたぬきの……ではないか。

 米ツアーのシード権を失った石川遼(26)が5日、来年は日本ツアーを主戦場とする意向を表明した。国内フル参戦は12年以来6季ぶりとなる。

 日本の男子ツアーはバブルがはじけた91年以降、ギャラリー数はジリ貧。最盛期の1試合平均2万5000人以上から今季は1万2200人まで減った。

 石川が史上最年少の15歳8カ月でツアー優勝した07年は1万6837人まで回復。賞金王になった09年は2万4535人にまで伸びた。しかし、10年以降は再び激減。ゴルフ人口も減少に転じ、近年はナイキやアディダスがゴルフクラブの開発・販売から撤退したように用具メーカーも悲鳴を上げている。

 女子プロは相変わらずの人気でもクラブは売れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事