• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブーム再来は? 来季国内フル参戦の石川遼にゴルフ界期待

 捕らぬたぬきの……ではないか。

 米ツアーのシード権を失った石川遼(26)が5日、来年は日本ツアーを主戦場とする意向を表明した。国内フル参戦は12年以来6季ぶりとなる。

 日本の男子ツアーはバブルがはじけた91年以降、ギャラリー数はジリ貧。最盛期の1試合平均2万5000人以上から今季は1万2200人まで減った。

 石川が史上最年少の15歳8カ月でツアー優勝した07年は1万6837人まで回復。賞金王になった09年は2万4535人にまで伸びた。しかし、10年以降は再び激減。ゴルフ人口も減少に転じ、近年はナイキやアディダスがゴルフクラブの開発・販売から撤退したように用具メーカーも悲鳴を上げている。

 女子プロは相変わらずの人気でもクラブは売れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る