• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移動は最も過酷 それでも大谷が「西海岸」にこだわる理由

 最終候補に残った7球団による二刀流詣でが終わった。

 ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指す日本ハム・大谷翔平(23)は5日(日本時間6日)、ロサンゼルス市内の代理人事務所でパドレスと交渉。地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」によれば、A・J・プレラーGM、ローガン・ホワイト上級相談役兼プロスカウト部長らフロントのほか、元日本ハムのアンディ・グリーン監督、野茂英雄アドバイザーらが同席したという。

 これで全7球団との交渉が終了。今後は2球団程度に絞り、本拠地やキャンプ地の施設を見学した後、最終的に移籍先を決めるようだ。

 書類選考で漏れたヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMが明かしたところによれば、大谷は移籍先に「西海岸か中小規模の都市」を希望。大都市に本拠地を置くヤンキース(ニューヨーク)、レッドソックス(ボストン)など、ファンやマスコミが熱狂的な球団では二刀流を貫ける保証がない。チームは常勝を義務付けられているだけに、何より結果を求められ、辛抱強く使ってもらえるとも思えない。「まだ足りない部分が多い」と自覚する大谷が大都市の人気球団を敬遠するのは当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る