• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

筒香に米球界も熱視線 DeNA来季優勝で近づくメジャーの夢

「来年は必ず優勝したい。いい評価をしていただいたので、来年もチームのため、球団のために頑張りたい」

 DeNAの筒香嘉智(26)が6日に契約更改。5000万円増の3億5000万円でサインした。今季は打率.284、28本塁打、94打点と昨季よりも成績を落としたが、チームは19年ぶりに日本シリーズに出場、主将としての働きも大きかった。

 いよいよ、夢が現実味を帯びてきたかもしれない。筒香はかねて将来的なメジャー挑戦の夢があるといわれる。海外FA権を取得するのは最短で2021年オフだが、今年のWBCでは日本の4番を任され、米国滞在中に練習試合を行ったドジャースをはじめ、メジャー球団から熱視線を浴びた。今季もレンジャーズのダニエルズGMが視察に訪れるなど、筒香の動向を注視しているのだ。

「筒香は今季、首や股間節を痛めるなど、必ずしも万全な状態とはいえなかった。練習を早めに切り上げ、治療に専念することもあったが、それでも30本近く本塁打を打った。来季は普通にやれば、今季以上の成績を残すはずです」(横浜OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る