世界選手権ワンプレーで棄権 バド奥原希望に足りないもの

公開日:  更新日:

 世界選手権女王が、早々とコートを去った。

 29日に本戦が開幕したバドミントンの全日本総合選手権(東京)。リオ五輪銅メダルの奥原希望(22)が女子シングルス1回戦の第1ゲームで1点を先取した直後、主審に棄権を申し出た。9月のジャパン・オープンで痛めた右膝の状態が思わしくなく、右肩痛で途中棄権した昨年に続くリタイアである。

 試合前から棄権すると決めていたそうで「この1年が東京(五輪)につながると信じている。必ずまた強くなって戻ってくる」と、復活を誓った。

 今年8月の世界選手権を制した際には「勝って当たり前、負けて騒がれる選手になりたい」と話した。一時は無敵を誇った女子レスリングの吉田沙保里や伊調馨を目標に掲げたが、奥原が「絶対女王」として君臨するには強い精神力が必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る