米国杯Vで復活も フィギュア宮原の敵は不安定な下半身

公開日:

 日本女子のエースが復活である。

 26日(日本時間27日)に閉幕したフィギュアスケートGPシリーズ米国杯(レークプラシッド)で宮原知子(19)がショートプログラム(SP)、フリー合わせて214.03点で優勝。左股関節疲労骨折からの復帰2戦目で、2015年のNHK杯以来となるGPシリーズ2勝目を挙げた。

 2季ぶりに頂点に立った昨季のGPファイナル銀メダリストは「今できることはできたかなと思う。全日本選手権までの過程として、いい流れになる試合だった」と、2枠を争う12月の平昌五輪選考会(東京)に向けて収穫を口にした。

 25日のSPでは冒頭の連続3回転ジャンプで着氷が乱れた。10月に練習を再開したばかりで不安を残すだけに、今後はジャンプ、スピンの精度向上を図るという。

 一時は今季の出場が危ぶまれながらも復活をアピールしたが、焦りは禁物だ。すでに患部の痛みからは解放されたとはいえ、練習が制限されていたため、下半身は依然として不安定。急ピッチで調整すれば、再発や新たな故障を招きかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る