• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

門倉健氏が指摘 「巨人はマシソン流出なら根幹揺らぐ」

「引き留めの重要度でいえば、マシソンが最優先です。5、6人で回す先発投手はやりくりで穴を埋められる可能性があるが、勝ちパターンの八、九回のリリーフは代わりが利かない。その中でも今季の抑えを務めたカミネロは投げてみないと分からない怖さがあった。その前に安心できるマシソンがいたからこそ起用できた部分もあるでしょう。オフに米国の自宅に巨人の選手を泊めて一緒にトレーニングを行う助っ人なんてあまり聞きません。6年間在籍して新外国人に巨人や日本の野球を指南できる存在。もし流出するようなら、チームが根幹から揺らぐことになります」

 今季の年俸は2億8500万円。メジャーとの争奪戦を制するため、たとえ10億円が必要になったとしても、マシソンの残留は、補強以上の価値があるということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る