日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前回東京は3人 五輪にはメダルを狙える選手が2人必要だ

設楽の初マラソンは2月の東京で2時間9分27秒だった(C)共同通信社

 2020年東京五輪(7月24日開幕)まで3年を切った。低迷する男女マラソンは日本陸上競技連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(61)の下、選手強化に取り組んでいる。日本のマラソンは東京五輪で復活するのか。陸上界の重鎮で、国内マラソンの「生き字引」ともいわれる帖佐寛…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事