日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

進退かかる11月場所 横綱鶴竜に求められる“高いハードル”

 勝ち越し程度では許されない雰囲気になってきた。

 10月5日に始まる秋巡業に、初日から参加することになった横綱鶴竜(32)。11月場所は進退がかかるだけに、必然と周囲の目は厳しい。

 今年は5、7月場所を途中休場し、9月場所は全休。逆転優勝を果たして再評価の機運が高まる日馬富士に比べて、鶴竜の影は薄くなるばかり。

 それでも9月場所を休んだことについては、特に非難の声が上がらなかった。これは師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)が事前に「次に出る場所で進退をかける」と、話していたからだろう。あえて窮地に追い込むことで、なけなしの時間を稼いだとも言える。

 ならば鶴竜は次の場所で何勝を挙げれば、クビはつながるのか。

 ある親方は「最低でも2ケタ勝利。と言っても、平幕相手に星をポロポロと落とせばどうなるか」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事