• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一軍復帰近い阪神・藤浪は“グラウンド外”にも問題あり

 不調のため二軍で再調整を続けてきた阪神の藤浪晋太郎(23)が、10日の二軍・広島戦に先発して5回4安打1失点で最速156キロをマーク。近日中にも一軍復帰する見通しとなった。

 チームは緊急事態に陥っている。今季11勝をマークしている大黒柱のメッセンジャーが、10日の巨人戦の守備の際に右足に打球を受け、11日に骨折が判明。今季絶望の可能性が浮上した。ローテ左腕の岩貞も8日の巨人戦で4回6失点とボロボロで、試合途中に強制帰阪を命じられ抹消されている。首位広島には大差をつけられ、4位巨人にも徐々に詰め寄られている。金本監督は藤浪の手を借りざるを得ない。

 今季の藤浪は課題の制球難が一向に改善されず、5月26日のDeNA戦(甲子園)で六回途中3失点と打ち込まれたのを最後に二軍降格。二軍戦でも危険球を投じている。ライバル球団の首脳は、「あれはイップスだろう。それで投手生命が終わったのを何人も見てきた。ブルペンや二軍では投げられても、一軍の試合は緊張感が違う」と言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る