• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山4連続含む7バーディーで首位T 主催者の思惑はね返す

 全米プロゴルフ協会はクラブプロの団体であり、CBSと契約して放映権料を得ている。

 協会の2015年収入によると放映権料(全米プロ、ライダーカップ、全米シニアプロ)が1億1405万ドル(約125億4550万円)、ビジネス開発部門1915万ドル(約21億650万円)、メンバー会費240万ドル(2億6400万円)、ゴルフ場運営1635万ドル(約17億9850万円)の1億6345万ドル(約179億7950万円)。つまり収入の7割近くを放映権料が占めている。

「世界中にゴルフを普及させたい全米ゴルフ協会(USGA)や全英ゴルフ協会(R&A)、さらにマスターズ委員会も露骨に米国人プロをひいきにすることはできないのですが、米国のプロゴルファー団体の主催競技ということもあって人気のある米国人プロ優先の組み合わせになったのです」(前出の吉川氏)

 松山がメジャー初優勝に近づき、思惑が外れた全米プロゴルフ協会は困っているはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る