• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山4連続含む7バーディーで首位T 主催者の思惑はね返す

 エルスはメジャー4勝の実力者ではあるが、すでに47歳になり世界ランク419位と力の衰えは明らか。41歳のポールターは同63位とはいえ米ツアーでは2勝。なぜ、そんなペアリングになったのか?

 ちなみに今年のマスターズではファウラー、R・ノックスと同組。全米オープンはファウラー、ラーム。全英オープンは欧州ツアー賞金トップのT・フリートウッドと全米オープンV直後のケプカと注目度は高かった。

 米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏はこう解説する。

「全米プロゴルフ協会(PGA・オブ・アメリカ)が主催する全米プロは、ほかのメジャーに比べて人気がない。しかしPGAツアーにはメジャーの開催権がなく、全米プロは1916年から99回開催という伝統と誇りがある。だからこそ人気の米国人プロが勝って大会を盛り上げてもらい放映権料アップにつなげたいという思惑があります。そんなこともあって松山は目立たない組に入れられたのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る