• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サニブラウン200m決勝進出 ボルト抜き史上最年少記録

 日本を代表するスプリンターが表彰台に望みをつないだ。

 陸上の世界選手権(ロンドン)は9日(日本時間10日)、男子200メートル準決勝を行い、サニブラウン・ハキーム(18)が20秒43(向かい風0・3メートル)で組2着となり、10日の決勝に駒を進めた。

 18歳5カ月でのファイナル進出は世界最速男ウサイン・ボルトの18歳11カ月(05年ヘルシンキ大会)を抜いて史上最年少記録。日本勢では03年パリ大会で銅メダルを獲得した末続慎吾以来、14年ぶりの快挙である。

 冷たい風が吹き付ける中、スタートラインに立ったサニブラウン。スタートでの出遅れを取り戻すように、ぐんぐんと加速し、100メートル過ぎには2番手に浮上。直線に入ってもスピードが落ちることなく、世界歴代2位の記録(19秒26)を持つヨハン・ブレーク(ジャマイカ)の猛追を振り切ってゴールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る