• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

智弁和歌山37年指揮 高嶋仁監督に聞く勇退報道と後継者

 11日に登場する智弁和歌山(和歌山)を率いる高嶋仁監督(71)は、80年から37年間指揮を執る大ベテラン。春夏通じて3回の優勝実績があるが、12年以降3大会初戦未勝利が続いている。これまで何度か勇退報道がスポーツ紙を賑わせたが、本人はどう思っているのか。今春、OBで、元阪神の中谷仁氏(38)がコーチに加わったことも併せて聞いてみた。

 ――ここ数年、初戦突破できずにいます。

「理由は簡単、相手が強いから。うちには絶対的な力がない。大阪桐蔭みたいな選手がいない。和歌山でもトップの選手は全部(引き)抜かれますから。そこが歯がゆい」

 ――引き抜かれてしまうのはなぜ?

「向こうは(学費)免除とか特待生(制度)があるけど、うちは一切ない。大阪とか兵庫から来るとして、安く見積もっても月に12万~13万円はいります。うちには寮もないから、自分でマンションを借りて授業料を払って来るわけですから、サラリーマン家庭では無理です。うちに限らず、和歌山県のどこの高校が出ても勝てないと思う。ここ5、6年苦しんでいるのは、そういう経済的なもんですよ。そこは太刀打ちできません。学校が出してくれるなら別ですけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る