• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏巡業復帰も満身創痍 横綱・日馬富士に迫る引退の二文字

 横綱のドミノ倒しもあるかもしれない。

 10日の地元茨城県の興行から、夏巡業復帰が決まった横綱稀勢の里。しかし、左上腕と左胸、左足のケガを抱えており、状態はいまだ不安。さらに鶴竜は両足首のケガが尾を引き、9月場所の結果次第では、引退を勧告される可能性もある。

 そしてこの横綱も限界が近い。それが昨8日から夏巡業に復帰した日馬富士(33)だ。

 先場所は11勝4敗と皆勤したものの、左ヒジの炎症が治まらず、夏巡業の序盤は欠席。しかし、復帰できたからといって安心するわけにもいかない。

 ある角界関係者は「日馬富士の体はもう限界ですよ」と、こう続ける。

「左ヒジは炎症があろうがなかろうが、常に痛みを抱えており、痛み止めがなくては真っすぐに伸ばせない。内視鏡手術も検討していたほどです。仮にメスを入れたとしても、いくら早期復帰が可能な内視鏡だからといってすぐに万全の状態に戻るわけではない。日馬富士は両足にも爆弾を抱えるなど満身創痍。術後に左ヒジをかばって下半身に負担をかけようものなら、それこそ一気に崩れかねない。33歳という年齢もあり、ケガを完治させた上で状態を万全にする余裕がない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る