• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

PSG移籍ネイマール大儲け “広告塔”のギャラだけで20億円

 ブラジル代表FWネイマールを移籍金290億円で引き抜いたパリSGの金庫には一体、どれだけのカネがうなっているのだろうか? サッカー史上最高額の移籍金をバルセロナにポンと払ったと思ったら、アトレティコ・マドリードのスロベニア代表GKオブラクに「移籍金190億円でオファーを出している」とスペイン紙が報じているのである。

「底なしの資金力の出どころはカタール政府」とはあるサッカーライター。

「カタールの投資庁が後ろ盾に付いているカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)が11年春、パリSGの筆頭株主に収まって、カタール政府が運営する強豪クラブとなった。国内リーグ優勝、欧州CL優勝という目標以外に『カタール政府の広告塔』と位置付けられ、その象徴的な存在がネイマールです」

 2020年にカタールでW杯が開催される。しかし、招致活動の際に賄賂が飛び交ったと批判され、6月にはサウジアラビア、UAE、バーレーン、エジプトが「テロ組織を支援している」という理由でカタールと断交した。このまま国際社会で孤立化が進むとW杯開催どころではなくなる。

「カタール政府は、スーパースターのネイマールを前面に押し出し、カタールのイメージアップに利用しようとしているのです」(前出のライター) ネイマールの新年俸は40億円。バルサ時代との差額は20億円だ。広告塔としてのギャラだけでウハウハ大もうけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る