• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕3戦出番なし…本田は日本代表でも「戦力外」のピンチ

 まさかのメキシコ行きで世間をアッといわせた日本代表MFの本田圭佑(31)だが、移籍先のパチューカでも落ち目の三度笠状態だ。

 日本時間6日キックオフの敵地プエブラ戦に本田は「右足痛と高地不適応」で遠征メンバーから外れ、開幕3戦連続出番なし。試合は後半2分から16分間に3失点と大崩れ。2―3に終わってドロ沼の3連敗である。

「右足痛よりも高地適応に戸惑っている。13日のホーム戦出場も厳しいでしょう。このままだと22日のホーム戦がデビュー戦になる」(サッカーライター)。この状況にイライラを募らせているのが、日本代表を率いるハリルホジッチ監督だ。

 そもそも「本田には欧州に残って欲しかった」とメキシコ行きに不満タラタラ。しかも開幕から出番がなく、たとえ22日の試合に続いて26日のアウェー戦もプレーしたとしても、31日の埼玉スタジアムで行われるW杯アジア最終予選オーストラリア戦までに「たった2試合しかプレー」できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る