日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

今ごろWBC後遺症? 巨人・坂本が謎の打撃“急ブレーキ”

「今年も首位打者は間違いない。WBCに出ていたっていうのに、あれだけ打ちまくる。広角にヒットを打つ技術を含めて、ホント凄いですよ」

 つい1週間前のこと。巨人の坂本勇人(28)について、ライバル球団の主力選手がこう言って脱帽していた。

 昨季、首位打者と最高出塁率のタイトルを獲得した坂本は、侍ジャパンの正遊撃手として3月のWBCに出場。打率.417の好成績を残し、チームを牽引した。開幕後、筒香(DeNA)、中田(日本ハム)、山田(ヤクルト)ら日本代表の主力野手が軒並み不調や故障に苦しむ中で、3、4月は打率.330。5月は10日の阪神戦までの8試合で5本塁打とアーチを量産していた。いよいよ手がつけられなくなると思ったら、19日のDeNA戦では4タコに終わり、最近6試合は22打数3安打、打率.136、0本塁打、0打点と急ブレーキである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事