日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラグビーNZ代表オールブラックス 5年ぶり日本遠征の思惑

 日本ラグビー協会が17日、来年11月3日(会場未定)に日本代表が世界ランキング1位のニュージーランド(NZ=オールブラックス)とテストマッチを行うと発表。同国との対戦は13年11月以来、5年ぶりとなる。前回は日本が6-54で大敗し、過去の対戦成績は0勝5敗である。

 ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチらとともに会見したスティーブ・チューNZ協会CEOは、「選手に試合をする機会を与えて、19年W杯開催国の環境、会場施設に慣れさせたい」と日本とのテストマッチの意義を説明した。

 この試合の会場は、今年9月中旬に決まる19年W杯の会場からNZ側が選択する。テストマッチの1年後の11月2日にはW杯決勝(横浜)が行われる。史上初の3連覇を狙うNZにとって開催地でのテストマッチは格好の予行練習になるが、目的はそれだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事