日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

W杯優勝を手土産に ジョーンズHCに“日本出戻り”プラン

 ラグビー界を代表する名将が日本への復帰を画策しているという。

 2015年イングランドW杯で日本代表を指揮した、エディー・ジョーンズ現イングランド代表ヘッドコーチ(HC=57)のことだ。

 15年12月、イングランド代表HCに就任してから、低迷するラグビーの母国を立て直し、テストマッチ18連勝を達成(世界ランキング2位)。19年大会の1次リーグでは、同6位のフランス、同9位のアルゼンチンと同組となり「死のグループ」に入ったが、大会2連覇中で同1位のニュージーランドと並び、優勝候補に挙がっている。

 イングランドに03年豪州大会以来、2度目のウェブ・エリス・カップ(優勝杯)をもたらせば、ラグビー界で揺るぎない地位を築ける。他国から代表HCとしてオファーが舞い込む可能性もあるとはいえ、ジョーンズHCの狙いは日本への出戻りだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事