日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タイムとスピード、根性と科学も…何よりバランスが大事

大迫はボストンマラソンで3位に(C)日刊ゲンダイ

「山本くんのニューヨーク4位、大迫くんのボストン3位がなぜ評価されないんでしょうか」

 日本男子マラソンの弱体化が叫ばれて久しい。五輪では、92年バルセロナで銀を獲得した森下広一(49)以来、6大会25年もの間、メダルを見ていない。男子マラソンはなぜ弱くなったのか。そう聞くと、意外な答えが返ってきた。

「確かに、昔の人たちと比べると今…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事