日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ラグビーW杯日本代表 南アに勝った15年大会の再現あるか

「どんな相手でも大きなチャレンジになる。しっかりと準備して、若手選手も育てて臨みたい」――。

 ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=47)が、こう意気込みを口にした。

 10日、2019年ラグビーW杯日本大会の組み合わせ抽選会が京都迎賓館で行われ、世界ランキング11位で開催国の日本は、同4位のアイルランド、同5位のスコットランドとともに1次リーグA組に入った。A組の残りの2枠には、欧州予選1位と欧州・オセアニアプレーオフの勝者が加わる。

 アイルランド、スコットランドとも、前回15年イングランド大会で8強入りした強豪。特にアイルランドは着実にレベルアップしており、昨年11月のテストマッチでは同1位のニュージーランドに勝利。さらに今年3月には欧州の強豪同士が対戦する6カ国対抗で、前日本代表HCのエディー・ジョーンズ率いる同2位のイングランドも撃破。ニュージーランド、イングランド両代表のテストマッチ連勝記録の更新(19)を阻止した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事