日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

バド世界国別対抗初Vへ リオ銅・奥原の復調がカギ握る

 昨夏のリオ五輪では金と銅メダル獲得で大躍進を果たしたバドミントン。リオ以来となる世界の大舞台での成績は、銅メダリストの復調にかかっている。

 9日、バドミントン日本代表が男女混合国別対抗戦スディルマンカップ(21日開幕、豪州・ゴールドコースト)に向けた練習を公開。女子ダブルス金メダルの高橋、松友組ら男女の代表選手が約2時間、汗を流した。前回2015年の中国大会では史上初の準優勝。今大会は初優勝を目指し、過去最多の16人で臨むが、日本の上位進出を左右しかねないのが、リオ五輪女子シングルス銅メダルの奥原希望(22)だ。

 昨年12月の全日本総合選手権で右肩を痛めて途中棄権。その後、1カ月間はラケットを握ることさえできなかった。今年2月の全英オープンで復帰したものの初戦敗退。今年に入ってスーパーシリーズ4大会に出場し、マレーシア・オープンの4強が最高で表彰台から遠ざかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事