日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

変わらぬイチローの個人主義 チーム大敗も今季1号大喜び

 マリナーズ時代はチームが振るわなかったこともあり、シーズン200安打到達などの個人成績を追求してきた。イチローの頭にあるのは自身が安打を放つことで、当然、チームの勝敗は二の次というような言動が少なくなかった。

 マーリンズ首脳陣は経験豊富なイチローに若手の模範になる存在として期待している。確かに試合前の入念な準備、野球に対する真摯な姿勢は若手の手本になっても、個人主義のベテランの存在はマイナスになることもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事