日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

プロ転向で大変貌 内村航平の「生活改善」をコーチ明かす

 その変貌ぶりには関係者も驚きを隠さない。先の全日本個人総合選手権で前人未到の10連覇を達成した男子体操の内村航平(28)のことだ。

 19日はプロに転向してから初めて練習を公開。全日本選手権でミスが目立った鉄棒、つり輪を中心に約1時間、汗を流した。

 5月には世界選手権の代表選考会を兼ねたNHK杯が控えるだけに「全日本では目に見えるミスが目立ったので、そこを減らしたい。しっかりとした演技で代表に入りたい」と、世界選手権の個人総合7連覇達成に意欲を見せた。

 今年3月に外食チェーンと契約し、プロとして歩み出した。リオ五輪後は体力の低下を実感したからだろう。年齢からくる衰えをカバーするため、生活の改善を図ったという。

 練習パートナーでもある佐藤寛朗コーチ(28)は、「高校時代(朝日生命体操クラブ)はガムシャラだったが、今はプロ意識を持ってやっています」と内村の変貌ぶりをこう明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事