日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

復調ドルト香川はCLモナコ戦が代表トップ下定着へ正念場

 日本代表MF香川真司(28)が、所属するドルトムント(ドイツ1部)で完全復調ぶりを猛烈アピール。ベンチウオーマーから脱し、先発組に返り咲いた香川は、5試合連続公式戦スタメン出場となった27節のハンブルガーSV戦で1ゴール1アシスト。3-0完勝劇の立役者となったの。

 続く28節の強豪バイエルン・ミュンヘン戦(8日)は、体調不良を理由に遠征メンバー外となったが、これは「トゥヘル監督が、11日にホームで迎える欧州CL準々決勝モナコ戦の第1レグ(日本時間12日午前3時45分キックオフ)に照準を合わせて主力を温存した」(サッカーライター)。

 実際、香川は主力組のMFヴァイグル、DFピシュチェクとともに居残ったドルトムントでトレーニングメニューを消化した。香川自身も当然、モナコ戦に向けてヤル気満々。欧州最強クラブを決める大舞台で輝きを放てば、日本代表ハリルホジッチ監督に対して大きなアピールになるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事