日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+
田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

FC東京-鳥栖戦 権田と林のプレーには目を覆ってしまった

鳥栖GK、権田の2失点目のシーン(C)Norio ROKUKAWA/Office La Strada

 先週末のFC東京-鳥栖戦について、メディアは「鳥栖の元日本代表GK権田修一(28)はFC東京育ち」「FC東京の現日本代表GK林彰洋(29)は2016年まで鳥栖でプレー」と“因縁の対決”を強調して騒ぎ立てた。いかにも日本的情緒に満ちあふれた話だが、サッカー界で移籍は日常茶飯事。権…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事