日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ボクシング世界王者がなぜ? 高山勝成“アマ挑戦”の勝算

 3日、自身初の世界戦を5月に行うことを発表したボクシング・ミドル級の村田諒太(31)。金メダルを獲得した12年ロンドン五輪から5年。ようやくといった印象だろう。

 同日、そんな村田とは対照的というか、プロ引退を発表したのが、WBOミニマム級世界王者の高山勝成(33)だ。教員志望だという高山はこの日、名古屋産業大の入学式に出席。今後は学業にいそしみながら、アマとして20年東京五輪を目指すという。

 高山は主要4団体を制覇した日本人唯一のボクサー。しかし、ボクシングはプロがアマより強く優れているとは限らない。アマは3ラウンド制でダメージより手数重視と、別競技と言ってもいいだろう。東京五輪の年には37歳となっているだけに、無謀な挑戦ではないのか。

 ボクシングに関する著作も多いジャーナリストの織田淳太郎氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事