日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「CM持ってきて」 浮かれるハリルにサッカー協会ゲンナリ

 W杯アジア最終予選のUAE戦、タイ戦で勝ち点6ゲットにサッカー日本代表ハリルホジッチ監督は大喜び……どころか「テレビやスポーツ紙が監督選手起用ズバリ! と持ち上げるので上機嫌。浮かれまくっているのですが……」と、サッカー担当記者がこう続ける。

「正GKの浦和・西川の調子がイマイチだったので当初、第2GKのG大阪・東口を起用する予定だった。ところが東口がUAE戦前のJリーグで左頬を骨折し、第3GKの川島に頼るしかなかった。その川島がビッグセーブを連発して2試合無失点に貢献した。UAE戦勝利の立役者・G大阪MF今野にしても、クラブでのポジション『中盤の前め』で使ったら、期待以上の好パフォーマンスを発揮してくれた。ラッキーが重なった結果です」

 たとえばタイ戦。スコアこそ4-0とワンサイドだが、シュート本数は日本の12本に対してタイは14本。決定的な局面もタイが上回っていた。試合内容をシビアに検証すれば、とても喜んでいるような場合ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事