猛打賞の広島・丸 ようやく“ギャンブル断ち効果”で完全復調

公開日:  更新日:

 広島の丸(26)が昨16日のDeNA戦で4打数3安打の猛打賞。7-2の大勝に貢献した。

 昨年の丸は打率.310、67打点、19本塁打と打撃3部門でキャリアハイ。優勝を狙う広島のキーマンのひとりと期待された。が、この日の試合前まで打率・257、54打点、15本塁打。打点と本塁打は稼ぐものの安定感に欠けていた。

「丸は無類のギャンブル好き。うまい飯や酒を口にするヒマがあったら、雀卓を囲んでいた方がいいというタイプだった。それが、野球以外で勝ち運は使いたくないということなのか、今年はキャンプ前にギャンブル断ちを宣言。それで、勝負勘が鈍ってヒットが出ないんじゃないか、とナインが本気で心配していたんですが……」(マスコミ関係者)

 ここ10試合の成績は40打数14安打の打率.350、10打点、3本塁打。残り40試合を切って、ようやくギャンブル断ちの効果がようやく出始めたとすれば、チームにとっては心強い限りである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る