<最終回>自分たちの暮らしは自分たちで

公開日:  更新日:

「母さん、いつまで働くの?」

 大谷があるとき、母親の加代子(51)にこう言った。

 加代子は大谷が小学校に入ると同時に、水沢市内の飲食店でパートを始めた。週に4~6日、午前中に入って4時間働くときもあれば、8時間の日もある。自宅で家事もこなしたうえで、週末ばかりか平日もグラウンドに足を運び、陰ながら大谷を支えた。

 父親の徹(52)は車のボディーメーカーに勤務。車体を造るラインに携わっている。勤務は昼夜2交代制。いまは昼中心だが、頼まれれば夜も出る。週末は大谷の通った水沢リトルと一関シニアで監督、コーチを務めた。夜勤明けは一睡もせず、グラウンドに出掛けた。

 大谷はそうやって両親が汗をかいたおかげもあって、契約金1億円のプロ野球選手に。年俸はプロ3年目で1億円の大台に乗った。本人にはこれまで両親に苦労をかけてきたという自覚があるからこそ、恩返しがしたい、母親の分くらいは自分が稼ぐという意思表示をしたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る