<最終回>自分たちの暮らしは自分たちで

公開日: 更新日:

「母さん、いつまで働くの?」

 大谷があるとき、母親の加代子(51)にこう言った。

 加代子は大谷が小学校に入ると同時に、水沢市内の飲食店でパートを始めた。週に4~6日、午前中に入って4時間働くときもあれば、8時間の日もある。自宅で家事もこなしたうえで、週末ばかりか平日もグラウンドに足を運び、陰ながら大谷を支えた。

 父親の徹(52)は車のボディーメーカーに勤務。車体を造るラインに携わっている。勤務は昼夜2交代制。いまは昼中心だが、頼まれれば夜も出る。週末は大谷の通った水沢リトルと一関シニアで監督、コーチを務めた。夜勤明けは一睡もせず、グラウンドに出掛けた。

 大谷はそうやって両親が汗をかいたおかげもあって、契約金1億円のプロ野球選手に。年俸はプロ3年目で1億円の大台に乗った。本人にはこれまで両親に苦労をかけてきたという自覚があるからこそ、恩返しがしたい、母親の分くらいは自分が稼ぐという意思表示をしたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る